FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ベトナムでも「人材」は「人財」
2008 / 03 / 25 ( Tue )
日本では数年前から「人材」は「人財」と考える企業が増えてきましたね

確かに・・・何の商売をするかも大切だけど、誰とするか、その先の企業発展のためにはいかにいい人材を確保するか、は、企業にとって大切ですね


ベトナムでも、、、本当にここ最近、日系企業のみならず、欧米・ロシアなどの外資参入の勢いがとまらず、優秀な企業の核となる人材の確保が難しくなっています。


ただ、欧米やロシアなどの企業は、優秀な人材であれば「ベトナム人」とか関係なく給料を出して、人材確保をします


日本の企業の場合。。。アジアへの進出=コスト削減・人件費が安い、と思い込んでるので、本当にいい人材に出会えても、給料面での折り合いがつかず、人材確保が出来にくく、結局、日本人を駐在させる=コスト超高くつくんです


優秀なベトナム人は引っ張りだこです。それか、この外資参入の好景気の波に乗って自分で商売をする人も増えています


日本人が持っているアジア人に対する、「労働力の安さ」とか、そういう失礼な発想は万国共通で古いし、かるーく人権侵害だし、、、 もう世界第2位の経済大国ではない現実を分かった方がいいと思う

これからは、アジア諸国と共存しあってこそ、生き延びていくんだろうな


優秀な人材のみならず、今年のテト前に起こった「ワーカーの大ストライキ」でも分かるように、管理職のみならずワーカーの確保も大変です。

それでも、アジアに進出するほうが、メリットは多々あるでしょう


日本企業の生き残りを掛けたアジア進出。 「人材は人財」と考えて動いたほうが成功するでしょうね
特に、プライドの高いベトナム人にはね


banner_04.gif


ご協力おねがいします~
スポンサーサイト

テーマ:ベトナム - ジャンル:海外情報

10:23:16 | ☆ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

<<高級リゾート地☆ニャチャン | ホーム | ベトナム国内線のちょっと面白いお話>>

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://vuivietnam.blog37.fc2.com/tb.php/18-47fbe221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。