スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
今こそチャンス! 不動産購入
2008 / 05 / 13 ( Tue )
またまた不動産ネタです

以前にも書きましたが、ベトナムの不動産。 日本でも諸外国でも「ベトナム不動産投資」は注目されていますが、何の根拠もなく 価格が上下する、結構こわーーい投資です

しかし、年明けから全世界的な不景気+アメリカのサブプライム問題の影響をなぜか受けたようで、序序に下がり始めたベトナムの土地&マンション

下がり続けて5ヶ月目突入・・・

ほんとに売れないらしく、サイゴン7区の自称高級マンションは、100m2で約1,000万円 の部屋を購入したら 車(軽自動車)をプレゼント など、叩き売りマンションも出てきています

鉄骨などの原料代の値上がりも、日本もですがベトナムの不動産業界にも痛手となっているようです

ってことは、、、今は購入のチャンスです!

あえて、不動産投資のチャンスとは言えませんが、だって 「投資」というスパンや、「投資」と考えるほどの大幅な値上がりが期待できるかは不明ですが、外資の投資の多いベトナム、このまま下がることはないと思います

ベトナム不動産に興味のある方は、今はお薦めの時期デス


banner_04.gif


ご協力おねがいします~

スポンサーサイト

テーマ:ベトナム - ジャンル:海外情報

12:07:27 | ☆ビジネス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ベトナムでも「人材」は「人財」
2008 / 03 / 25 ( Tue )
日本では数年前から「人材」は「人財」と考える企業が増えてきましたね

確かに・・・何の商売をするかも大切だけど、誰とするか、その先の企業発展のためにはいかにいい人材を確保するか、は、企業にとって大切ですね


ベトナムでも、、、本当にここ最近、日系企業のみならず、欧米・ロシアなどの外資参入の勢いがとまらず、優秀な企業の核となる人材の確保が難しくなっています。


ただ、欧米やロシアなどの企業は、優秀な人材であれば「ベトナム人」とか関係なく給料を出して、人材確保をします


日本の企業の場合。。。アジアへの進出=コスト削減・人件費が安い、と思い込んでるので、本当にいい人材に出会えても、給料面での折り合いがつかず、人材確保が出来にくく、結局、日本人を駐在させる=コスト超高くつくんです


優秀なベトナム人は引っ張りだこです。それか、この外資参入の好景気の波に乗って自分で商売をする人も増えています


日本人が持っているアジア人に対する、「労働力の安さ」とか、そういう失礼な発想は万国共通で古いし、かるーく人権侵害だし、、、 もう世界第2位の経済大国ではない現実を分かった方がいいと思う

これからは、アジア諸国と共存しあってこそ、生き延びていくんだろうな


優秀な人材のみならず、今年のテト前に起こった「ワーカーの大ストライキ」でも分かるように、管理職のみならずワーカーの確保も大変です。

それでも、アジアに進出するほうが、メリットは多々あるでしょう


日本企業の生き残りを掛けたアジア進出。 「人材は人財」と考えて動いたほうが成功するでしょうね
特に、プライドの高いベトナム人にはね


banner_04.gif


ご協力おねがいします~

テーマ:ベトナム - ジャンル:海外情報

10:23:16 | ☆ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハノイ・ドリーム
2008 / 03 / 14 ( Fri )
数十年前、アメリカンドリームって言葉が流行って、日本企業や日本の若者がアメリカでの成功を夢見て、アメリカに渡りビジネスを始めましたね。

今のハノイは、まさに「ハノイ・ドリーム」です

サイゴンではなく、ハノイです。


ハノイはベトナムの首都で、今まで観光としてベトナムが人気だったのはハノイよりサイゴンですが、今、ビジネスとしてハノイが注目を集めています


日系ホテルを始めとする高級ホテルには、スーツ姿や作業服姿の日本人、日本語堪能なベトナム人で溢れ、高級レストランは日本人はもちろん、ロシア人や欧米人など、外国人で溢れています

逆に、日本人観光客の姿はほとんど見えなくなってきました。それは残念です


今、隙間産業を探しても中々見つからず大きな成功は難しい日本よりも、隙間だらけ、いや隙間以前の商売でさえ儲かるベトナムに進出する日系企業は多いです。

もちろん、個人も・・・(少ないですが。コネか相当のお金がないとベトナムではいくら努力しても無理です。)


第2の中国と言われ始めて数年。 最近、特に海外アジア拠点をベトナムに、と考える企業は多いようです

ベトナムは狭い国なので、商売=ハノイかサイゴンになるので、バッティングは避けられない

今ならまだ間に合います。 でも来年には遅いでしょう。

ベトナムビジネスを考えるなら、なんせライバルが多いので、早く早くです。

ビジネスパートナーを見つけるにも、行政書類にも、何をするにも日本の2倍以上の時間は要すると考えた方がいいでしょう。



ハノイ・ドリーム

弊社も日本からハノイへの移転を考えたいくらいです・・・


banner_04.gif


ご協力おねがいします~

テーマ:ベトナム - ジャンル:海外情報

22:20:53 | ☆ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。